iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷

iPhoneのスリープボタンが効かなくなる原因と困った時の対処法を解説! iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷なら渋谷駅近のスマホスピタル渋谷にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷

iPhoneお役立ち情報

iPhoneの各種ボタン修理

iPhoneのスリープボタンが効かなくなる原因と困った時の対処法を解説!

[2020.10.14] スマホスピタル渋谷

カテゴリー:iPhoneの各種ボタン修理

img-sh04-1014_001 iPhoneのスリープボタンが効かなくなる原因と困った時の対処法を解説!

「iPhoneのスリープボタンを押しても反応がない…」
「スリープボタンを押しているのに、押した感覚がない…」

iPhoneのこんな症状にお悩みではありませんか?

今回は、iPhoneのスリープボタンが効かなくなってしまう原因と、その対処法について詳しくご紹介します。

スリープボタンが効かない時に代用できる設定方法もご紹介していますので、困った時はぜひ参考にしてください!

iPhoneのスリープボタンが効かなくなる原因とは

img-sh04-1014_001 iPhoneのスリープボタンが効かなくなる原因と困った時の対処法を解説!

iPhoneのスリープボタンが効かなくなる原因として、まずは衝撃や水没などの物理的な要因が考えられます。

スリープボタンに強い衝撃が加わるとボタンが陥没して押せなくなったり、陥没していなくてもスリープボタンを押しても反応がなくなったりします。

その他、iPhoneを長く使用していると、徐々に劣化してスリープボタンが効かなくなることもあります。

スリープボタンが効かなくて困ること

スリープボタンが効かなくなると、スリープボタンを使う操作、例えば電源のオンとオフやスリープのロックと解除、スクリーンショットの撮影などができなくなります。

この中でも特に困るのがスリープの操作で、スリープ状態にできなくなるため、自動で消えるまで画面がつきっぱなしになってしまいます。

電池の消耗が激しくなったり画面を誤操作してしまったり、有機ELディスプレイを搭載したiPhoneだと画面の焼き付きが発生する恐れがあるなど、さまざまなリスクがあります。

スリープボタンが効かないときの対処法は?

img-sh04-1014_001 iPhoneのスリープボタンが効かなくなる原因と困った時の対処法を解説!

スリープボタンが効かないときは、その他の機能や設定を使って同様の操作を行うことが可能です。

ここでは、スリープボタンが効かないときの対処法を紹介します。

「AssistiveTouch」を設定する

スリープボタンが効かないときは、「AssistiveTouch(アシスティブタッチ)」機能を使って、電源のオフや画面のロックや解除を行います。

AssistiveTouchをオンにすると、画面のタッチやボタンが利用できないときでも、画面上に代わりのボタンが表示され、iPhoneが使用できるようになります。

設定する手順は、以下の通りです。

(1)「設定」の「一般」を開く
(2)「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」の順でタップする
(3)AssistiveTouchをオンにする
(4)画面上に白いボタンが表示されたら完了

AssistiveTouchをショートカットに追加しておけば、コントロールセンターから簡単に利用できるようになり、さらに便利です。

■AssistiveTouchを使ってスリープする

AssistiveTouchを使えば、スリープボタンを使わずスリープできます。

まずは、AssistiveTouchをオンにして画面にボタンを表示させてください。

(1)画面上にあるAssistiveTouchのボタンをタップする
(2)「デバイス」→「画面をロック」の順でタップする

■AssistiveTouchで電源を切る

通常、電源を切るときは、スリープボタンを長押ししますが、AssistiveTouchを使えば、スリープボタンなしで電源を切ることができます。

(1)画面上にあるAssistiveTouchのボタンをタップする
(2)「デバイス」をタップする
(3)「画面をロック」を長押し
(4)「スライドで電源オフ」を右にスライドする

■AssistiveTouchでスクリーンショットを撮る

通常は、ホームボタンがあるiPhoneはスリープボタンとホームボタンを押すことでスクリーンショットを撮影できます。

ホームボタンがないiPhoneはスリープボタンと音量を上げるボタンを同時に押します。

何らかの原因でスリープボタンが機能しないときは、AssistiveTouchを利用して以下の方法を試してみてください。

(1)AssistiveTouchの画面上のボタンをタップする
(2)「デバイス」→「その他」→「スクリーンショット」の順でタップする

その他の設定や機能を使う

AssistiveTouchを使わなくても、iPhoneの機能や設定を変更することでも、iPhoneのロックや解除や電源のオフができます。

■「自動ロック」設定を利用する

スリープボタンが使えないときは、自動ロック設定でもスリープさせることができます。

自動ロック機能では、操作しない状態が続いたときに自動でスリープするかどうか、スリープさせる場合はスリープするまでの時間を設定できます。

(1)「設定」の「画面表示と明るさ」を開く
(2)「自動ロック」の順にタップする
(3)5分~30分の間で、自動的にスリープするまでの時間を選ぶ

■ジャイロセンサーを利用してスリープを解除する

iPhone 6s以降の機種であれば、ホームボタンやスリープボタンを使わずともジャイロセンサーを利用してスリープを解除できます。

(1)「設定」の「画面表示と明るさ」を開く
(2)「手前に傾けてスリープ解除」をオンにする

「手前に傾けてスリープ解除」をオンにすると、iPhoneを手に取って手前に傾けたときに、自動でスリープが解除されます。

■設定から電源を切る

設定からもiPhoneの電源を切ることができます。

(1)「設定」の「一般」を開く
(2)「システム終了」の順にタップする
(3)「スライドで電源オフ」が表示されたら右にスライドする

スリープボタンが壊れたらスマホ修理店での修理がおすすめ!

AssistiveTouchを使えば、スリープ機能やスクリーンショット、電源のオフは、比較的簡単に行えます。

ただし、iPhoneの電源をオンにするには、充電ケーブルを使って電源に接続する必要があります。

出先で一度でも電源を落とすと、起動できないiPhoneを使い続けるのは不便なものです。

また、スリープボタンの陥没によりできた隙間からホコリや水が侵入し、内部パーツの故障につながる恐れも。

ボタン一つくらい…と油断せず、壊れてしまったり陥没してしまったスリープボタンは、早めの修理をおすすめします。

スマホスピタル渋谷なら中のデータそのまま即日修理OK

スマホスピタル渋谷では、iPhoneのスリープボタンの修理を大好評受付中です!

iPhone修理のプロがお預かりしたiPhoneの状態や症状をしっかりと確認の上、適切に修理を行います。

スマホスピタルなら中のデータはそのままに修理を行い、当日中のお返しも可能。

グループ全国80店舗以上、延べ修理件数100万件以上の確かな技術で、旧型のモデルから最新モデルまで、様々なiPhone修理に対応いたします。

iPhoneの故障や異常でお困りの際は、ぜひスマホスピタル渋谷までお気軽にお問い合わせください。

sibuya

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル渋谷の詳細・アクセス

〒150-0041
東京都渋谷区神南1-11-5 ダイネス壱番館渋谷302

営業時間 10時~20時(定休日:なし)※19時30分まで受付

電話番号 03-6416-0333

E-mail info@iphonerepair-shibuya.com

オンライン予約 スマホスピタル渋谷 WEB予約 >>

一覧に戻る

03-6416-0333 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷

キャンペーン情報

  • ガラスフィルム無料貼り替えキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷
  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷

03-6416-0333 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷

  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 東京 渋谷
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル